心疾患

心疾患とは

動脈硬化などが原因で血液の通り道が狭くなったり、ときには血栓ができてつまってしまうと、心筋に酸素がいかなくなり、強い痛みをともなう発作が起こり、急速に心臓の機能が停止。手当てが遅れると、狭心症と心筋梗塞といわれる命にかかわる病気になります。狭心症と心筋梗塞は、どちらも動脈硬化が大きな原因となっています。それだけに予防の基本は、動脈硬化を促進させないこと。肥満をはじめ、高血圧、高血糖、脂質代謝異常は要注意。家庭血圧の測定などを行って、バランスのとれた食生活、適度の運動、禁煙、ストレスの解消など、生活環境の改善に積極的に取り組むことが大切です。