日向ひょっとこ夏祭り実行委員 お知らせ

日向ひょっとこ夏祭り実行委員からのお知らせを掲載します。

日向ひょっとこ踊りを東北に届け隊 ~岩手県 釜石市(大只超町)~


日向ひょっとこ踊りを東北に届け隊
~岩手県 釜石市(大只超町)~

【開催地】 岩手県釜石市(大只超町)
【訪問日】 9月17日(土)
【場所】 カトリック釜石協会
(対象は天神町仮設住宅居住者)
【主なプログラム】 日向ひょっとこ踊りの披露
踊り講習
総踊り

釜石市はかつて製鐵所で栄えた鉄の町ですが、信号機の灯りさえも消え、その面影はどこにもありませんでした。廃墟と化した市街地。陸前高田と違い、建物が残っている分、津波が起こってから既に半年が過ぎているとはとても思えませんでした。この表現を使うことには躊躇がありますが、まさに「ゴーストタウン」です。それが不適切な表現であったとしても、事実なのです。ところどころ建物の1階部分に赤い旗が立てられていますが、これは建物の解体を了承したマークなのだそうです。それを聞き、とても切ない気持にさせられました。
会場のカトリック釜石教会では、この日、住民交流会が開催されており、その懇親会の余興の一つとして出演しました。教会は市街地にあり、会場は決して広くはなかったものの、被災者やボランティアの方50名ほどが集まり、賑わっていました。
ここに避難されているのは高齢者の方が多く、テーブルに座り、滑稽なひょっとこ踊りを見ては手を叩いて笑っておられました。講習会には、被災者に加え、釜石市役所市民課の佐々木センター長や、ボランティアの方々も参加していただき、初めて体験する日向ひょっとこ踊りを最後まで楽しんでいただきました。