折り畳み傘

Posted on June 08, 2015 by taiyo01

梅雨は、行動範囲を狭まくします。

雨の日に傘を差して、帰りに雨があがると、翌日傘を忘れたことに気付く。

どの店に忘れたか、思い出せないまま、また次の傘を置いて帰る。



雨を予想して持って行く事もありますが、意外と邪魔なもの。

折畳みも、中途半端にバックに入らず、傘立てに並ぶとやけに背が低い。

この前、究極の傘を見つけました。三折りの極小手のひらサイズ。

セカンドバックはもちろん、ポケットにも収まり、コンパクトな優れもの

その007級が使いたくて、梅雨が待ちどうしかったくらいです。

しかし雨の予感がし極小傘を探すも、無い。

一度も差さずに、もうどこかに忘れて来た。



随分経って、毎日何回も書類を出し入れしているビジネスバックの底に見つけた。

16cmの極小サイズは小さいがゆえ探し出すのも大変です。










そういえば原田昭男君の消息が途絶えている。

もう農業大学は卒業したはずだが、元気にしているのだろうか?

イチゴに取りつかれ、第2の人生に足を踏み出す直前、反対方向に舵を切った。

今、彼の鯨丸は塩見の田園地帯の一角に停泊しております。

船出の日、飯田さんと二人シャンパンでも持って行こうと思っております。