お花見

Posted on April 05, 2015 by taiyo01

初めての花見は、小2の春。

東京在住の頃、バスに乗って桜見遠足。

風呂敷の中から出て来た、我が母親の汗のしみ込む 「 おむすび 」 に対し

お嬢様がバスケットから取り出したサンドイッチ。

パンと言えば、アンパンが主流のころ。・・・サンドイッチなるものを初めて見て聞いた。



内気な僕は、お嬢様と同じクラスでも会話を交えた事もない。

サンゴと雅にたわむれるクマノミと、岩の切れ目で微動だにしないウニぐらい、まるで存在価値は異なった。



驚いたのは、その彼女が僕にサンドイッチをくれたのである。

「 ありがとう 」 と、ちゃんとお礼が言えたのかは覚えていないが

その味は、鮮明に焼き付いており、随分前にトリ−ゴでそのサンドに再開した。

ハム・玉子サンドを食べると、あの満開の桜と、すりガラス越しの彼女を思い出す。













庭にそびえる桜の巨木。満開に合わせ、毎年先生からご招待を受ける。

幾ら、どしゃ降りでも決行出来るのは、和室から観賞できる間取りのこだわり。

年に一度、白い衣を身にまとい、暗がりにライトアップされ舞う花びらは 「 見事 」 の一言に尽きる。



料理人は先生のご友人。プロではないが、相当な腕の持ち主である。

美にこだわる和は、いろどり豊かな筑前煮。

ヒラメの昆布締めは醤油につけづとも、素材だけで充分楽しめる。

鯛の煮つけは観音開きに盛りつけられ、濃厚なとろみで返杯のペースも上がり

福岡から取り寄せたタンの燻製とカラスミが器をコップから杯に換えさせた。

閉めは秘伝の「ヒラメの茶漬け」。

茶漬けの出汁に自家製葉わさびが加わると、また一段と美味さを増した。








































先生は大のコーヒー党で、豆をミルで挽き、愛用の口の細いコーヒーポットで湯を注ぐ。

「これ程素晴らしい豆に出会った事はない」と絶賛する味とは

ブルーマウンテンを越す、まさしく超極上の一品に相違ない。

高貴な香りをあたり一面に漂わせ。まろやかな舌ざわりでありながら、深いコクを合わせ持つ。

先生がこの味に驚き。奥様がその値段に驚いたという。彼方はいったい何処のどなたなの。



先生大変お世話になりました。頂きましたコーヒーは冷蔵庫に大切に保管してございます。


あれ以来、会社で飲むアスクルの業務用が、やけに苦く感じます。























« Prev itemNext item »

Comments

No comments yet. You can be the first!

Leave comment

:

: