Posted on April 08, 2015 by taiyo01

春一番が吹き去ると春到来、硬い殻を押しのけ、中から一気に芽が噴き出す。

山菜と言えば、その王道を歩む 「 タ ラ の 芽 」

里山を探索し、見つけた時の感激は、何ものにも代えがたい。

しかし河川敷の道端ならまだしも、他人様の山は気がとがめる。



昨年に続き、カルイ籠を背負い地主様の山へ向かっている。

其処に空振りは無い。いわば、網に囲われた「生けす」のハマチを釣り上げるようなもの

この時期「筍」や「わらび」も芽を出している。「生けす」に餌づいたヒラメやアジも楽しみだ。


前回は筍掘りというよりも、筍退治という表現の方が合っている。

竹林を綺麗に維持するには、無作為に顔を出してくる筍を間引きする必要がある。

地面にツルハシを突き刺しては掘り上げ、突き刺しては〇〇・・・かなりの肉体労働だ。

里の幸を得る喜びよりも、今から起きるであろう、ふしぶしの異変に神経が敏感になった。















竹林に足を踏み入れ、去年と様子が違ったのは、筍がまだ出ていなかった事だ。

悔しがる地主様と、心の中で手を叩いた僕。

こんもりとした地面のふくらみの下に、まだ目覚めぬ若き精鋭達。

とってを短く握り替え、耳かきのように周りの土を取り除き

徐々に姿を現した付け根目掛けて「いやーっ」と鉄のクワを突き立てる。

後は、てこの原理を利用すればた易いものだ。

中には横から分厚く根を張る厄介物に遭遇するが、無理せず埋め戻し次のふくらみを探す。

その隣がわらびの聖地なのですが、ひざまで雑草が伸び

それをかき分け救出するのは容易では無かった。
















地主様の指揮のもと、次なる「タラの芽山」へ車を走らせる。

秘密兵器の「高枝切りバサミ」は最大で3m延び

2mの脚立に身長が加わり、7m以内を手中に収める事が出来る。

人の手が届かない高い先端に芽を宿す獲物を一網打尽に撃墜した。

最初のポイントを全滅させ、移動を繰り返すたびに膨らんでくるトマーイ袋。

採れ過ぎても後の処理に困るもの、後半はかなり加減をした。

自然の恵みで乾杯。体重が1キロ減った事に万歳。ありがとうございました。
































« Prev itemNext item »

Comments

No comments yet. You can be the first!

Leave comment

:

: