とある、病院で

Posted on August 24, 2015 by taiyo01

年に一度、内視鏡で検査をします。

7時半には病院へ行き、午前中は体内の洗浄です。

2ℓのポカリスエット味を2時間掛けて飲まなくてはなりません。

喉が渇いてもいないのに、10分おきのコップ一杯はきついものです。



待機室にはリクライニングチァアーが2つと、ソファーが2つの最高で4人収容出来ます。

一番乗りの僕は、入口の座り心地の良いチェアーを選びました。

プライバシーを侵害しないようにカーテンで仕切れます。



椅子を極限まで倒しテレビを見ていると、看護師と一緒に2名の女性が頭の上を通り過ぎました。

会話を聞いていると2名は知り合いらしく、看護師とも親しげに。

看護師が、おば様達を防護するかの如く、カーテンをチャっと閉めた。

男性は僕だけなのだから当然と言えば当然です。



二人の会話は筒抜けである。

「仕事をしている時は、専業主婦がうらやましかったけど、私が退職したらあなた

専業主婦の人達が働き始めたのよ・・・・。」 長い世間話の始まりです。



テレビには周りの迷惑にならない様に、旧式ヘッドホンが備え付けてあります。

ヘッドホンで耳をおおい被せ、ボリュームを上げましたが、お母様達の声の方が大きい。

話しが途切れるのは、どちらかがトイレに行く時だけです。



病院には至る所に緊急を知らせる押しボタンがあります。

おば様はそれを押して、看護師を呼びました。

彼女の緊急事態は、ポカリスエット味のお代わりでした。

僕は、まだ半分も飲んでいないに。



チェックカードには回数とステージ1〜5までの症状が分かりやすくプリントされている。

おおよそ合格ラインは4だそうだ。

カードを手にした看護師が「もうこれで充分です」と100点を付けた。

おば様の体の中には、もう米の一粒も残っていない。

看護師が去り、二人のひそひそ話が声が聞こえる。

今から冷蔵庫のギンギンに冷えた水を飲むそうです。

お腹壊しますね、たぶん。

Posted on August 10, 2015 by taiyo01

同級生の彼は単車好きで、高校生の時にはもう750?を乗り回していた。

そして20代で、「バイク店」を開業。

趣味を仕事にするとは、うらやましい限りでございます。

僕は免許を持っていませんが「ハーレーダビットソン」はカッコいいと思う。

彼の過酷な趣味に、泳いで・走って・自転車ロードのトライアスロンがある。

青島フルマラソンにも毎年出ている超人です。




そんな彼が自宅の庭に、耐火レンガでピザ釜を造った。

一度誘われましたが、仕事で行けず、今回初めて本物のピザをご馳走になる。



集まったのはトレーニングジムのお仲間達で、皆様キン肉ムキムキ。

肉のつき具合い、体脂肪の数値で話が盛り上がっている。



平均体重を20キロもオーバーしている僕は何度も激流に飲み込まれ

得意の潜水で、彼らの輪の中に浮上しては流された。







石釜は大きさこそと違えど、イタリアのフェレンチェで見たものとまったく同じだ。

ピザ生地は強力粉とドライイーストで発酵させた自家製生地。

ボールに入った生地を餅の大きさに摘み丸め、麺棒で伸ばす。


薄い方が焼きが早いとアドバイスを受けましたが、伸ばすと生き物の様に縮んで抵抗する。

トマトピューレを好みの量引き伸ばし、ベーコンにアスパラと薄切りピーマン

最後にチーズをいやというほど投下する。



























此方は準備万端だが、肝心な窯の温度が低いとマキを追加。

窯の中が真っ赤に焼けるまでの待ち時間、おもむろにダッチオーブンを取り出し

トウモロコシを散りばめ、蓋をすると、あっという間にポップコーンの出来た。

薄塩仕立ては、素材の味がよく分かる。 んーうまい。
























巨大なフライパン返しで窯の中に押し込む。

2分でモチモチピザの完成です。

どれ、お味の方はと。・・・本場の上を行ってますね。

皮が薄いのでいくらでも入り、病みつきになりそうです。












はかる君、大変美味しかっったです。また誘ってください。

バイクに興味がある方は、日向市「不二かつ」の西側「HOT」まで。

彼が渋くバイクとトライアスロンを語ります。笑。







原田昭男君のイチゴ農園

Posted on August 04, 2015 by taiyo01





原田昭男君のオアシスを訪ねた。

クーラーを付けているのに車の中は32°、砂ぼこりの駐車場の向こうに彼がいた。

外に出た瞬間、熱風で全身から大玉の汗が噴き出す。

スプリンクラーの水しぶきを浴びながら、ぐい飲み極小プランターに土を詰めている。

汗をぬぐった顔は土色に、「にやっ」とした歯がやけに白く感じる。
















ちょうど苗を増やす作業中だった。

1,000本の親苗から10,000の子苗孫苗を育てるそうだ。

こげつきそうな炎天下の中だが、熱射病対策などと言うものは無い。

くみ上げるスプリンクラーの地下水で、水分補給をしているのだろうか。

日本最高気温は岐阜県の41°だそうだが、このビニールハウスの中は、その最高をゆうに超えている。

「んだ、いやどぉ。」 僕には出来ない。










この時期、台風が毎週北上してくる。

風速30mで、このオアシスは、こっぱみじんになるのかも。

ビニールハウスの上からビニールシートを張って、吹き飛ばされない様にすると言うが

ビニールの2枚重ねで、本当に大丈夫なのだろうか。

天気予報に敏感になり、沖縄に上陸した後は、いつも神様に祈りを捧げる。







彼が目を細めた。「イチゴって人と違って、頑張った分、見返りがあるから嬉しいです。」

確かに、人は優柔不断で、頑張ったからと言って、すべてに成果が出る訳でも無い。

人にもまれ生きて来た世界に終止符を打ち、イチゴ農園に踏み切った原田君。

自然の猛威にはばまれた時、彼がどう立ち回るのか。

昭男ちゃん、保険、保険を掛けておきなさい。

そうだ、久しぶり、飯田先輩と3人で、うさぎ家に行こう。



)DISALLOWED (



)

日向ひょっとこ夏祭り「ステーション展」

Posted on July 29, 2015 by taiyo01









日向ひょっとこ夏祭りに合わせ、日向駅で「ステーション展」開催。

ひょっとこ実行委員会より要請を受け絵画、彫刻、その他50点を駅ホールに展示しました。

ちなみに、わたくしはその他の部に属しております。

「与野党ひょっとこ祭り」と題し、議員の先生方にひょっとこを踊って頂きました。

是非、足を運んでくださいませ。 ( 事務務局長 西村 )










場 所   日向市駅ホール ( 改札口で絵画展を見に来たと、言ってください )

期 間   7月28日(火)〜8月30日(日)

時 間   AM:6:00〜23:00 

入場料   無 料






これは「剪画せんが。」と言いまして、紙を切って貼り付けた作品です。

和服の会

Posted on July 24, 2015 by taiyo01

「和服を楽しむ会」がございまして、よく案内が来ます。

しかし、和服を持っていないので、行ったことはありません。


夏になり、浴衣に変わりました。

浴衣も旅館でしか着た事はなく

案内状が何時までも机の上に置いてあります。



飯田さんから電話がありました。

しかし作るにしても明日ですから間に合いません。

クリ―二ングをイオンに取りに行った時に、2階を覗いて見ました。

見本が大きさ別に置いてあり、背丈に合わせ試着してみます。

しかし現物には目安になる身長は記載されておらず

一般的な、サイズが貼られてました。

まあLLだと思いますが。



帰って着てみると、袖が甚平の長さしかありませんでした。

対処法は、腕組み、もしくは、まくり上げ。



細島の花火大会に合わせた集合の1時間前に問題が起こります。

帯の結び方が分からない。

旅館と違い、帯の幅がかなり厚く、ま結びでは対応できません。

ネットの動画を見ながら、悪戦苦闘しました。

花火、雨が降らなくて良かったですね。




アフリカ日誌

Posted on July 16, 2015 by taiyo01

アフリカで、藤江さんが宮崎出身のシンガーソングライター香蓮さんと会った話です。

花蓮さんのブログに藤江さんが紹介されておりました。

それでは、藤江けんのアフリカ放浪日誌をどうぞ。







〈 アフリカあきない日誌 〉


ジャンボ!タンザニアから「マンボひげおやじ」です。

今回は東アフリカ最大の見本市「サバサバ」を実況中継します。

「サバサバ」はスワヒリ語で「77」。

毎年「7月7日」前後にタンザニアの首都ダルエスサラームで開催されます

とめどない人・ヒト・ひと!

この人たちが買って買って買いまくる。まさに爆買い。

そして我らが日本パビリオンもすごい熱気。



出展しているのはパナソニック、三菱、ブリジストン、東芝、ロート製薬、

パイロットといった大企業だけではありません。

福岡の農機メーカーや福井の食品包装会社、水戸の納豆屋さん等々が

自分たちの商品・技術がアフリカで受け入れられるか試しています。






























日本大使がタンザニア政府高官に福岡産の農機を案内しています。

「ものづくりは演歌だ!」「義理と人情をお届けします」 

タンザニア人には間違いなく読めない日本語を堂々と掲げる。

これが海外進出に必要な精神です。



そして日本フェスティバルには、なんと宮崎県出身シンガーソングライターの香蓮さんが登場!(ファンです)

香蓮さんの「君が代」独唱、美しい歌声にタンザニアの聴衆も聞き惚れました。
























宮崎が大好きで、口蹄疫をきっかけに「お肉応援隊」の活動もしている香蓮さん。ぜひ応援してください。 

http://www.karensong.jp/   (写真は許可を得て掲載しています)

さあ、来年は皆さまも! 宮崎の産品・技術でアフリカの活気を取り込みましょう。

出展・視察、とりあえず話を聞いてみたいというお問合せはひげおやじまで。

香蓮さんに応援してもらいたいお肉屋さん・歌ってもらいたいイベントのお問合せもどうぞ(あれ?)。 

info@sunshineacademy.net


















洋食や「優ごはん」オープン

Posted on July 10, 2015 by taiyo01

市内のお食事処。・・・「のれん」は殆どくぐっております。

オープンすると好奇心にかられ、覗きたくなるのが人の心情。

味、価格、サービスなどなど、それぞれを採点する。

平均60点以上獲得した店が存続しているようです。

味には好みがおありでしょうが、それが赤点だと悲しき結末を迎えます。

お客様は、不満があると、黙って来なくなるから困ったもの。厳しい世界ですね。



畑浦に「優ごはん」という洋食屋さんがあります。

この店の「デミソースオムライス」は、口の中に入れた瞬間、幸せを感じます。

ハンバーグは分厚く、予想する大きさの1.5倍は有にあり

大盛りライスを注文し、後悔した人を何人も知っている。

肉とデミソースが絶妙な音色をかもし出し、その日から「デミ婦人」のとりこになる。

且つ、「不二かつ」並みの山盛りサラダに驚く。

日替わりランチのコーヒー付680円は無難で、手作りパンのおかわりが嬉しい。



しかし仕事先付近で昼食を済ませる為、ついつい行きそびてれしまう。



その「優ごはん」が日向市駅西口の10街区に移転しました。

お昼もさることながら、夜の居酒屋メニューを加え新たにオープン。

ご主人は宮崎のホテルで腕を磨き、その味に思わず、うなずいてしまいます。

日向に店を構え5年。リピーターを今なお増やし続ける「優ごはん」

安藤公認会計事務所様のお隣。…是非、足を運んで見てくださいませ。





桃栗3年柿8年

Posted on July 08, 2015 by taiyo01

息子が幼稚園の頃、埋めた柿の種が芽を出し、8年目に実がつき驚いた事があります。

先日、妻が僕の袖を引っ張り、そこで見た直径7cmの桃二つ。

もらった苗を植えて、3年目の出来事。

まさに桃、栗、3年、柿、8年。

残すは「栗」だけとなりました。










女子Wカップも終わりましたね。

背の高さが、丁度頭一つ分違ってましたね。

日本のサッカー競技人口4800人に対し米国は200万人。

美郷町と大阪市ぐらいの違いがある。

その200万人から選び抜かれたアメリカチームがスピード・技・体力で勝るのは致し方ない。




活躍した有吉選手は、契約社員で昼間仕事をして夜だけの練習。

代表選手の中に同じ境遇の選手が他に4人いるそうです。

そのチームで決勝まで残ったのですから凄い。

試合前日の記者会で米チームのキャプテンが4年前の震災を背負って戦った事も含め

澤は日本の女子サッカー史に名を残す偉大な選手だとほめたたえた。

勿論、勝ちに行くのは両チームとも同じですが、このコメントでひいきする事無く試合が見れた。

なでしこジャパン、本当によく頑張りました。

来年のリオオリンピックで、宮間選手と澤選手がグランドに立つ姿を又見たいものです。

宮日新聞「世相まんが」6月号

Posted on June 30, 2015 by taiyo01

今朝の宮日新聞「世相まんが」は久しぶりの★3つでした。

落選したり、忙しくて出せなかったりしておりましたので、一番上に載るのは嬉しいですね。




戦後、憲法9条をかたくなに貫いた70年。

日本を非難威嚇する隣国に対して集団的自衛権をもって押し止める。

しかし戦争が又起きるのではと、国民の不安はつのります。



武力ではなく、話し合いで。・・・国民は望むのであります。

イスラム国で殺害された二人に、胸が締め付けられました。

第2次大戦の本国の犠牲者は約300万人。

戦争がどんなものだったのか、体験者は2度と繰り返してはならないと叫びます。

憲法学者の大半が反対です。



国民の声を、今一度、聞いてくださいませ。








食堂

Posted on June 25, 2015 by taiyo01

順ちゃんとは週一?〜?の食堂を暦の如く巡回するが、この日?、?が休みだった。

日向を突き出た道沿いに、行きつけではない食堂が目に入る。

以前、この店で焼き飯を注文した事があるが、食べきれない量の+αに往生した。

「それは面白い、是非、」と言うので入ってみる事に。

昼食タイムに我ら二人の貸切とは、若干の不安があるものの

焼き飯は美味しかったと、彼の不安を取りはらう。



僕はタンタン麺の大盛りを、相方は定番の中華丼と餃子を注文した。

店主と定員、二人の間には何か低い敷居みたいなものがあり

ある一定の距離が保たれ、会話がよそよそしくもある。

言葉使いの上品な定員が料理の待ち時間の頃合いを見て

例の、おまけの付け出しを運んでくるのはこの前と同じだ。

「NHKのど自慢」が画面一杯に歌い始めると

店主が鼻歌を奏でながら、やや甘めの採点を始めた。




注文して15分待たされると客はイラついてくそうだが、その時間はとうに過ぎており

鼻歌を止めて料理に集中して欲しい。


餃子が最初にお目見えした。

一つのタレを漬け回し、口の中に放り込む。

抜群に美味しくもないが、かといってまずくも無く、僕は二つ目を放り込んだ。

長い針が9を指す頃、ようやく大盛タンタン麺登場。



ラーメンの器に具が山盛りに、かなりの威圧感がある。

押し伸ばすとこぼれそうで、将棋崩し式に慎重にならざるを得ない。

担担麺とは炒めたひき肉とラー油、ニラにゴマが入ると心得るが、見た目チャンポンに近い。



割り箸でかき分けると、椎茸タケノコを始め8種類の具から成り立っている。

ふんだんに、惜しみもなく、手を抜かぬ、こだわりの一品に期待が膨らんだ。

中腹辺りまで箸を潜らせ、口からこぼれ落ちない程度つまみ上げる。



対面の相方が、飯台にあごを押し付け、下からにらみ上げている。

続けざまに3度すすったが、不思議な事に麺の味しかしなかった。 

それを見た友人が片頬でにやりと笑う。

れんげにスープを待機させ、交互に食べると、うすっら味を感じる事が出来る。

最近血圧を気にし始めた僕にとっては、丁度いいのかも知れない。



厨房からカチャカチャ中華鍋を叩く音が聞こえてきた。「今から作るのね」と彼が肩を落とした。

のど自慢のチャンピョンが手を振っている。・・・我々も手を振りたい。



中華丼は想像していた量の半分だった。

あんかけでは無い、飯の上に野菜炒めといった感じだ。

美味いとも、そうでないとも、彼の口からは一言もない。

れんげで米をかき寄せる音が、二人しかいない店の中をこだまする。


どう味は? 「カチャ・カチャ・カチャ」

あんかけじゃないね。 「カチャ・カチャ・カチャ」

今日は僕がおごるよ。 「カチャ・カチャ・カチャ」





なでしこ戦は何時もひやひやしますね。

Wカップ6大会出場のベテラン澤選手に頑張って欲しい。