太洋開発 : 釜山最終編

Posted on December 26, 2011 by taiyo01

韓国の英雄と言えば「イ・スンシン将軍」、百姓から将軍になった豊臣秀吉ぐらい人気がある

でも朝鮮に攻め込んだ秀吉は此処では大悪党で、その日本群を打ち破ったのがこの将軍なの

以前ソウルに行った時未だに秀吉にはえらい目に合わされたと400年前の事を嘆いていましたからね

その将軍様の銅像がある龍頭山公園に行って見ることに

タクシーでは近すぎ丘までの坂が辛く近道を選んでみたが、短い分急勾配で疲れは倍に膨れた

日本人が攻めて来ても又打ち負かしてやると言わんばかりに将軍は釜山港の彼方をのぞむ


null


何か今から始まるのはこの人混みと中心に立つマイクを握った男性で察しがつく

来賓の挨拶が続き最後ご婦人の番になる

太い声は歯切れがよく一節ごとに喝采が起こる

釜山の歴史と民族をたたえこれからも文化向上に尽力をおしみません・・・みたいな・・・

長くも無く短くもない丁度いい3分間であった

さっそうと歩むご婦人に拍手を打つ手が鳴りやまない・・・きっと大物なのだろう

チョゴリがぽっちゃりした体系をさらに大きく見せる

てっ言うか・・・お母さん太り過ぎ・・・


null



民族衣装をまとった団体がドラ太鼓を叩き円の中を踊り回る

旧南郷村と姉妹都市を結ぶ韓国扶余(プヨ)の人達が踊っていたのと同じである

クライマックスは選ばれた3人が頭に付けたひもをクルクル回す

五穀豊穣と無病息災を願っているのだろう・・・


null


null



null



タワーに上がると釜山の街が一望できる

意外と狭いのね・・・

今日一日で10キロは歩いた

こんなに運動すると体に悪い

マッコリを飲んで疲れを癒さねば

2泊3日の激安ツアー

小鴨が来年は自分達で行きたいと言っていた

博多港から高速船ビートル(釜山まで3時間)を使えば

2泊3日で19,800円で行けます

国際市場とチャガルチ市場近辺に潜伏すれば

2日間で充分韓国を堪能できますよ

食事も大概言葉が通じますので心配ご無用

どうしても通じない場合は端から注文してください

スリルがあって面白いものです

以上『カルガモ一家・釜山を行く』を終了いたします




null


null

太洋開発社長 釜山チャガルチ市場

Posted on December 22, 2011 by taiyo01

     金正日が亡くなりました・・・今月の世相まんがはそこに集中します

     締切日のその日宮崎出張で絵が描けなかった

     サッカーの岡田監督じゃ勝てませんね

     クリスマス前後に世相まんがのカラー版が宮日に出ますので宜しかったらどうぞ

null

     さてつづきです

     今日は釜山港沿いにあるチャガルチ市場と国際市場で一日を過ごす
    
     チャガルチは築地の魚市場を想像してください
  
     ここで働くたくましいアジュマ(おばさん)の写真でも撮りますかね

     国際市場は上野のアメ横です・・・服・雑貨・アクセサリーそれに御法度のコピー商品が売られております

     もちろんこの類は税関で没収されるので買っちゃ駄目よって言ったのに

     小鴨の一人が腕時計を買っていた

     日本の1980円でもこんなことない翌日2時間も進んでいた

     150万の時計が2万円、決め手はサービスで付けてくれたヴィトンのポシェットだったが

     同じポシェットを屋台のおばさんが200円で売っていた
     
     怒ってもしょうがない全部偽物なんだから



null

 
null


     皮製品の店に入る


     イタリア製だと裏地の国旗をアピールする小さな偽り


     おそらく皮では無く韓国産合成皮なのだろう

     日本で20万ぐらいするものが5万円それを値切るとあっという間に2万円になった

     小鴨の時計と同じ額だが偽物であれ着る分に不都合はない

     日本に帰り韓国ツウに聞いたら縫い目から裂けてくるらしい・・・

     もって一冬だと言われた

     忘年会が続き羽織っております・・・通気性のいい皮ジャンは大変珍しいです・・・



null



     小鴨はバイク党らしく日本の10分の1である偽ハーレーダビットソンコーナーから離れない

     定員はピアスと金色の短髪で怪しさをほのめかし、それに負けじと足軽隊は腰パンで対抗する

     韓国にこのファションは無く僕も未だにこの履き方の意味が分からない

     金髪君はきっと足の短さに驚いただろう

     交渉がうまく行かないとベルトに親指を掛け太ももパンで威嚇する

     結局彼らの要望は通りウルトラC難度のひざパンを披露する事もなかった

     でも正直腰パンと一緒に歩くのは恥ずかしかったです・・・


null


     魚市場チャガルチは国際市場の広い国道の向かい側にある

     端から端まで歩いたことはないが仕切りの無い小さな店が永遠と連なる

     買った魚はその場で料理して食べさせてくれるがどうしても刺身系になり

     観光客が思い出づくりに屋根のない食堂でポーズを取っていた

     僕が好きなのはイイダコのぶつ切り、醤油では無く生レバーと同じく塩とごま油で召し上がる

     吸盤が口の中の柔らかい部分に吸い付き面白い

     噛まずに飲み込むと喉に吸い付き少しやっかいな事になるので注意はしたい


null


null





     恒例のおばさん同士の喧嘩が始まった

     しきりに店の女将が「お前あっちに行け」と言ってる

     それに反論し激しい口論


     客人は僕達の方を向いて喧嘩してるので目が合うのは当然だが

     時折合図ちを打っているようにも取れる不可思議なしぐさ

    
     そして我々に向かって叫んだのあります・・・『バンザーイ』・・・
 
     韓国語で言い争っているので日本人では無いようだが

     それから目が合うたび『バンザーイ』

     困ったお客様だ

     万歳三唱を強要しやがる

     えぇーい・・・「ばんざーい」・・・


     韓流ドラマに出て来るような美人には滞在した3日間ただの一人もお見かけしなかった

     以前雑誌に出ていたニューヨーク・タイムズの記事に韓国の5人に一人は整形手術をしていると
 
    報じられていたが、素で行くおばさん達には縁もゆかりもない話である

     写真を撮ろうとすると餌を横取られたゴリラ顔で牙をむく・・・

     怖い・・・

     はるばる日向から来たのだ

     あたしはシャッターを切りましたね
 
     僕が採点した「釜山で働くおばさんベスト5」をご覧あれ
   


null

〈 5位 〉唐辛子を座布団代わりにとにかく迫力満点だった

「見せ物じゃ・ねーとバイ」そんな顔で僕をにらんでいた


null

〈 4位 〉 この人は喧嘩してたんです、その振り向きざまの顔がこれ


null

〈 3位 〉  一番怖い顔をしていた、目が合ったとき思わずカメラを友人に向けた


null

〈 2位 〉  何も言うことはありません・・・効果の差でした



null
 
〈 1位 〉 こっち向いてとお願いしても、ずっと無視し続けたおばさん

貴女が選ばれましたよ・・おめでとう



null



太洋開発社長 西面市場

Posted on December 19, 2011 by taiyo01

     なし無し尽くしの激安ツアー・・・朝飯があろうはずもない

     朝6時友人と食道探しにホテルの回りを探索する事に

     日曜朝市なのか毎日なのか分からない・・・

     もの・もの凄く大きな市場だ

     ホテルが市場に囲まれていた

null

     人が生きていく為に必要なすべての食材が板の上に並ぶ
     歩くだけでニンニクとキムチの臭いで立ちくらみがしそうである
     大きな牛蛙が網の下から鋭い眼光でこちらを睨む

     その昔沼に捕まえに行ったことがある・・・2匹捕獲して食べた
     蛙をゲテ物と思っている人も多いと思いますが
     鳥肉とかわりません味しいです

     そういえばマムシも捕まえて食べたな・・・
     肉と言うより骨ですね・・・美味しくありません

     アウトドアを志した20代の頃の話
     魚を釣って焼いていたのがエスカレートしてこんな事ばかりしていた
     周りから見ると一風変わっていたのかも知れませんが本人はいったって真面目に取り組んでいた

     その変わった少年の一番弟子が原田昭男なのです

     あの頃の探検が好奇心旺盛今の彼を創り上げたと言っても過言ではない

     しかしすっぽんの隣にしゃがみ込む緑亀は僕も彼も食べたくない


null


     どじょうが酸欠でお腹を上に浮かんでいた

     豚足は好物の一つだが

     この頭にはどうにもこうにも困ったものだ

     日本の食文化とまるで違い生々しくたくましさを感じる
     竹島が盗られるのも時間の問題ですね
     結局食道は見つけられずコンビニで済ませることに


null

  『コラーゲンたっぷりよ』と言わんばかりに       アジが赤いスープの中に漬け込んである、日本の酢漬け
   顔を油ぎらせ目を細めるトンちゃん。           ならぬキムチ漬けでしょうね。隣の怪しげな液体は何な
                               のだろう怖くて臭いを嗅ぐこともできなかった。


null
    壁に真鯛・すずきその他キロ以上の大物が干し物になって吊らされていた…何日目なのだろう
    木枯しにさらされた老婆の手のようにカサかさではないか…ニベアを塗ってあげないと



null
   動きが機敏である…『へいっ・いらっしゃい、生きのいいのが入ってるよ…あいよっ・持ってけ泥棒ー』 みたいな



null
      何でもかんでも山積みである…スコップじゃないとはけませんね

太洋開発社長 屋台

Posted on December 16, 2011 by taiyo01

null

太洋開発社長 釜山の旅

Posted on December 14, 2011 by taiyo01


null

太洋開発社長 友人

Posted on December 12, 2011 by taiyo01

null

太洋開発社長:鍾乳洞

Posted on June 17, 2009 by taiyo01