とある、病院で

Posted on August 24, 2015 by taiyo01

年に一度、内視鏡で検査をします。

7時半には病院へ行き、午前中は体内の洗浄です。

2ℓのポカリスエット味を2時間掛けて飲まなくてはなりません。

喉が渇いてもいないのに、10分おきのコップ一杯はきついものです。



待機室にはリクライニングチァアーが2つと、ソファーが2つの最高で4人収容出来ます。

一番乗りの僕は、入口の座り心地の良いチェアーを選びました。

プライバシーを侵害しないようにカーテンで仕切れます。



椅子を極限まで倒しテレビを見ていると、看護師と一緒に2名の女性が頭の上を通り過ぎました。

会話を聞いていると2名は知り合いらしく、看護師とも親しげに。

看護師が、おば様達を防護するかの如く、カーテンをチャっと閉めた。

男性は僕だけなのだから当然と言えば当然です。



二人の会話は筒抜けである。

「仕事をしている時は、専業主婦がうらやましかったけど、私が退職したらあなた

専業主婦の人達が働き始めたのよ・・・・。」 長い世間話の始まりです。



テレビには周りの迷惑にならない様に、旧式ヘッドホンが備え付けてあります。

ヘッドホンで耳をおおい被せ、ボリュームを上げましたが、お母様達の声の方が大きい。

話しが途切れるのは、どちらかがトイレに行く時だけです。



病院には至る所に緊急を知らせる押しボタンがあります。

おば様はそれを押して、看護師を呼びました。

彼女の緊急事態は、ポカリスエット味のお代わりでした。

僕は、まだ半分も飲んでいないに。



チェックカードには回数とステージ1〜5までの症状が分かりやすくプリントされている。

おおよそ合格ラインは4だそうだ。

カードを手にした看護師が「もうこれで充分です」と100点を付けた。

おば様の体の中には、もう米の一粒も残っていない。

看護師が去り、二人のひそひそ話が声が聞こえる。

今から冷蔵庫のギンギンに冷えた水を飲むそうです。

お腹壊しますね、たぶん。

折り畳み傘

Posted on June 08, 2015 by taiyo01

梅雨は、行動範囲を狭まくします。

雨の日に傘を差して、帰りに雨があがると、翌日傘を忘れたことに気付く。

どの店に忘れたか、思い出せないまま、また次の傘を置いて帰る。



雨を予想して持って行く事もありますが、意外と邪魔なもの。

折畳みも、中途半端にバックに入らず、傘立てに並ぶとやけに背が低い。

この前、究極の傘を見つけました。三折りの極小手のひらサイズ。

セカンドバックはもちろん、ポケットにも収まり、コンパクトな優れもの

その007級が使いたくて、梅雨が待ちどうしかったくらいです。

しかし雨の予感がし極小傘を探すも、無い。

一度も差さずに、もうどこかに忘れて来た。



随分経って、毎日何回も書類を出し入れしているビジネスバックの底に見つけた。

16cmの極小サイズは小さいがゆえ探し出すのも大変です。










そういえば原田昭男君の消息が途絶えている。

もう農業大学は卒業したはずだが、元気にしているのだろうか?

イチゴに取りつかれ、第2の人生に足を踏み出す直前、反対方向に舵を切った。

今、彼の鯨丸は塩見の田園地帯の一角に停泊しております。

船出の日、飯田さんと二人シャンパンでも持って行こうと思っております。




おめでとうございます。

Posted on January 07, 2015 by taiyo01

お正月は何をされてましたか。

僕はそば打ち→駅伝→飯田家参拝→駅伝→ゴルフなど、大半は家でゴロゴロしておりました。

毎年恒例のそば打ちは大晦日の前日に行います。

「すずめの会」に入会して18年になりますがその前からやっいてる長寿行事です。

挽き立て100%そば粉につなぎ無しというこだわりよう。

色んな事を思い出すのに時間が掛かり手がなじみ要領が良くなった頃に終わります。

閉めは料理人甲斐社長のブリしゃぶとマグロの刺身に猪鍋。

























お正月に欠かせないのが実業団ニューイヤーと箱根駅伝。

抜きつ抜かれつの懸命な表情には毎回感動させられます。

その合間をぬって飯田家で酒を所望。もう3年連続で元旦にお邪魔しています。

おせち料理はすべて奥様の手作りと言いますから驚きます。

中でも細島の飯田家秘伝のフカ(鮫)の煮ごごりは絶妙な味を奏でます。

かなり手間の掛かる料理で正月にしかご馳走になる事は出来ません。

仲地先生ご持参のシャンパンでカンパーイ。

刀匠松葉圀正氏、土田先生、うさぎ家しんちゃん、など顔触れは豪華けんらん。
















ゴルフの打ち納めと初打ちが一週間の間に行われます。

年末は門川ジェイズが再オープンし3000円の料金に引かれ強風の中でのプレー。

芝の上のボールが風でプルプル震え、横に放物線を描く球に僕が震えた。


初打ちの宮崎大淀CCは宮崎西インターを降りたすぐそばにあります。

プレーする前の胸の高鳴りは小学生時代の遠足とまったく同じです。

コースを進むごとにバックに忍ばせてある実力と言うものがチラチラ顔をのぞかせ

その内収拾が付かなくなり自分の下手くそさを思い知らされます。















平らで芝が刈り込んである領域をフェアウェイといいいます。

球が真直ぐ飛んだ人は無論この大道を胸を張って歩みますが

そうでない者は芝の深いラウもしくは斜面からのかなり難度の高いショットを求められます。

向うに薄っすら見える緑がかった所が最終目的地のグリーンです。

赤いフラグの下の穴に入れるとこのホールのゲームが終了。


斜面だけならまだしも立木が行く手をはばみます。・・・正直針の穴に糸を通すより難しい。

池がはばみ谷がはばみ砂場がはばむ、はばみ放題はばむのがゴルフコースというものです。

この7番は大淀CCの名物ホールだそうで、ここだけ特別ルールが適用されます。

コースの外に出た球が出るとOBというペナルティを加算されます。

この看板に書いてある複雑な罰則をすべてやりとげた僕は思いました。

「名物にうまいもの無し。喝ーっ」








Posted on August 12, 2014 by taiyo01

今年の春ごろから、何かと、かにかと騒がしく。

先月体調不良を訴えたあたし。

体がだるく、胃が痛く、排泄色もことのほか悪く。

症状をネットで検索し、一枚々ジグソーパズルをはめ込んでいくと「胃がん」と浮き出た。

「あらららら…」・・・自覚症状も無く検査後一ヶ月で亡くなる人もいるという。

問題は早期か末期かである。



速かれ遅かれ何時かはこの世を去るのだろうが50代の三角頭巾は早過ぎるような気がする。

妻に万が一の時の話をしたら「保険に入っているから大丈夫」と返ってきた。

あたしの体の事よりも、残された家族は心配いらないから安心して成仏してくださいませ。

・・・頼もしいお言葉だった。



胃と腸を内視鏡で検査する。・・・もう何度も体験しているが、初大腸は緊張した。

何せあまり人にも見せた事のない体の一番敏感な所から異物が侵入してくるのだから、想像も出来ないぐらい怖い。

入り厄の時大腸に2?のポリープが見つかり、あと半年検査が遅れていたら確実にガンだったそうだ。

胃カメラは睡眠薬を投与するので気づいた時には終わっている。

大腸は高圧洗浄並みの下剤で内臓にあるほぼすべての物を抹消してから検査。

院長の問診がはじまる。写真で見る限り怪しげな丸く白いクレーターは何だろうか。

細胞検査の結果が出るまでの一週間が長く感じた。



結果「胃かいよう」でした。

ストレス性のものだと自覚はしている。

お盆休みは何にも予定が入っておりません。

家でゴロゴロ甲子園ですね。


太洋開発社長 0982(株)

Posted on September 02, 2013 by taiyo01

太洋開発社長 ハイビスカス

Posted on August 26, 2013 by taiyo01












太洋開発社長 アメリカンポップス

Posted on June 28, 2013 by taiyo01


太洋開発社長  血圧が正常値に

Posted on May 30, 2013 by taiyo01
















太洋開発社長  サンシャインアカデミー

Posted on May 21, 2013 by taiyo01


太洋開発社長 門川!こふく劇場

Posted on March 15, 2013 by taiyo01