とある、病院で

Posted on August 24, 2015 by taiyo01

年に一度、内視鏡で検査をします。

7時半には病院へ行き、午前中は体内の洗浄です。

2ℓのポカリスエット味を2時間掛けて飲まなくてはなりません。

喉が渇いてもいないのに、10分おきのコップ一杯はきついものです。



待機室にはリクライニングチァアーが2つと、ソファーが2つの最高で4人収容出来ます。

一番乗りの僕は、入口の座り心地の良いチェアーを選びました。

プライバシーを侵害しないようにカーテンで仕切れます。



椅子を極限まで倒しテレビを見ていると、看護師と一緒に2名の女性が頭の上を通り過ぎました。

会話を聞いていると2名は知り合いらしく、看護師とも親しげに。

看護師が、おば様達を防護するかの如く、カーテンをチャっと閉めた。

男性は僕だけなのだから当然と言えば当然です。



二人の会話は筒抜けである。

「仕事をしている時は、専業主婦がうらやましかったけど、私が退職したらあなた

専業主婦の人達が働き始めたのよ・・・・。」 長い世間話の始まりです。



テレビには周りの迷惑にならない様に、旧式ヘッドホンが備え付けてあります。

ヘッドホンで耳をおおい被せ、ボリュームを上げましたが、お母様達の声の方が大きい。

話しが途切れるのは、どちらかがトイレに行く時だけです。



病院には至る所に緊急を知らせる押しボタンがあります。

おば様はそれを押して、看護師を呼びました。

彼女の緊急事態は、ポカリスエット味のお代わりでした。

僕は、まだ半分も飲んでいないに。



チェックカードには回数とステージ1〜5までの症状が分かりやすくプリントされている。

おおよそ合格ラインは4だそうだ。

カードを手にした看護師が「もうこれで充分です」と100点を付けた。

おば様の体の中には、もう米の一粒も残っていない。

看護師が去り、二人のひそひそ話が声が聞こえる。

今から冷蔵庫のギンギンに冷えた水を飲むそうです。

お腹壊しますね、たぶん。

« Prev item • Next item »

Comments

No comments yet. You can be the first!

Leave comment

:

: